gd_c 1220's diary

飛ぶ鳥を落とす勢いで生きろ

風のない日

ホコリにまみれたやらなきゃいけないことを さっさと日の当たるところに引っ張り出して どんどん手をつけなきゃいけない 分かってるんだけどできない時とか 散歩をするのは絶対俺だけじゃない。好きな音楽を聴きながら 近所をふらふらっと。

 

歩いてみると 日が落ちた団地からする何らかしらの夕飯の匂いに 学生公園でさよならの挨拶を交わす小学生たち 水面が妙にキラキラしてたりするのが センシティブになった五感にフィーリングされる。俺はタバコを吸わないけど タバコを吸いたくなる まあ吸わないんだけど なるだけタダだから なるだけ。スーパーの袋を右手に左手に娘の小さい手といった あの構図で歩いている親子を見ると 「早く帰らないと」ってなんだか焦ってしまったりする 別に家では誰も待ってないのにね。春の 陽気じゃない でも風が春の感じがする雨上がりの空気のせいか それとも春が本当に近いのか 気象予報士でも神様でもないから全然わからないんだけど 耳鼻科には早めに行かないとなあ。コンビニでレッドブルだけ買って 歩きながらちびちび飲む 駅前のコンビニの出っ歯の女子大生が最近のマイブーム 彼女はきっといい子だ そういうのってなんとなくわかるじゃん?

明日はいい日になるかな なんてやけにセンチメンタルな事考えて 寒くなって 勝手に外に出たのに 家路を急いでいる。

 

シャムキャッツの『WINDLESS DAY』に最近の生活のすべてが代表される。前にも進めないけど 後退はしてない 変えのきかない 18の感覚 残された四年のモラトリアムでどこまでポジティブになれるんだよ 不安と期待がめちゃくちゃ過ぎる でも、でも取り敢えず今は 美味しいモノ食べて 聴きたい音楽聴いて 着たい服を着て 読みたい本を読んで 行きたいライブに行って たまにギターを弾いて センチメンタルになって 都会の春の濁った風を思いっきり吸い込んで 死にたくないって思いたい さよならしてる小学生は 生きてるから。

 

苦労をしたくない 楽な方を選び続けて でも勝ちたい そういう虚無主義的なライフスタイルを貫き通す覚悟はあるから!!!ろくな死に方しない。

とっくのとうに

「変わらないね」なんて駅前 久し振りに会った昔の人に言われた 恥ずかしくなって でも嬉しくて「そんなことないよ」なんて返して どっちつかずの 空と信号機の 間を見た バス停でバイバイして 僕は歯医者の予約をしなくちゃいけなかった事に気付く。

 

変わらないってなんだろうか 中学生の頃のだっせえ服を着続けることだろうか 好きな女の子が近くに来た時にスッと斉藤和義の「ずっと好きだった」を口ずさむことだろうか 訳もなく夕日に向かって走り出したくなることだろうか それともあの頃の小説を書き続けることだろうか なんかよく分からないけど 「変わらない」って誰かに言われることが それこそが 変わらないってことなんじゃないのか なんて考えながら頭をぽりぽり掻いて 課題のレポートをダラダラ綴ってた さっきまでね。全然終わらんよね。

 

兎にも角にも 実は俺もあの子もとっくのとうに変わってしまっていて それに二人とも気付いていない 俺もあの子も変わってしまっているのなら 二人の感覚は同時に進んでいるから「(私とこの人は)変わらない」という感想が発生するのは 理にかなう納得だ なるほど。風呂場で湯船に浸かりながら考えていた 顔にタオルをかけてうつらうつらしていたら 湯にどっぷり顔が落ちて 焦って顔を出したら ぐっしょり濡れたタオルがいっせいに顔を覆って 息ができなくなって 死にかけた あぶねえ〜

 

いやでも 君は変わったね。

季節のこと、魚の死骸を市街にて、北海道バンド概論

朝が来ると 夜が明けるように、春が来ると 冬は明ける そういう仕組みの世界すごい 飽きない。ラーメンににんにく入れるみたいな 味変だ。季節の変わり目に出会いたい。

 

死んだ魚を街中の魚屋さんで見かけて「死んだ魚の目をしてる」って言ってて 「そりゃ死んだ魚だからな」と思った 天然だ アルプスの天然水みたいな 天然だ 嘘っぽい〜

 

北海道のバンドが好きだ というか好きなバンドが北海道出身だ。サカナクションにカルマ、Galileo GalileiDrop'sも北海道。だから北海道も好きだよ。

 

統一性が無い この一連の散文を一体誰が見るんだよ。一切見る側の事を考えてない まあいっか〜

志賀直哉赤西蠣太

 

ニセンジュウキュウ

ソフトクリームをめちゃくちゃ食べたくなって夜 自転車を飛ばして ちゃんとしたお店のソフトクリームを食べに行く とちおとめソフトクリーム 紫芋ソフトクリーム ジャージーソフトクリーム 食べ終わった後で多福感 生きてる実感 込み上がる 自転車のギアを一番高くして 坂道を駆け上がったりする!そして2019がやってくる。

 

明けましておめでとうございますってツイートをした 全然いいねがこなくて年明け早々悲しくなったけど別にもう気にしてないよ。もらったお年玉を全部パチスロで果たすか悩んでる年始。

 

バイト先の先輩が突然授業前 ふらっと出て行って それっきり帰ってこなかった 「手が震えて」って電話がそれから数時間後にきて 塾長が結構慌ててた うつ病だったらしい しわ寄せはこっちにくる まあ別に良いんだけどさ。

 

気持ち悪いおっさんが気持ち悪い声で気持ち悪いことを言ってた 駅前 飲み過ぎた先輩を小田急まで介抱しながら それを聞いてた。

 

今年は幸薄で 何事も 幸せがなければ不幸はない。でも幸せは欲しいから 薄く。幸薄で生きたい。笑えねえ〜!!!!

口実

おっぱいの話をしてる忘年会にはもう行きたくないよ 「行かないでよ」って あなたに言って欲しい また年が明けてしまう こんなはずじゃなかったのにね 来年も楽しくなんて思えないね このまま死んでしまおうかなんて そんな勇気もないのに思って 悲しくなって 年の瀬に少しだけ来年のことを考えて もっと悲しくなってしまう 立ち直れ俺 立ち向かえ風に コマーシャルのキャッチコピーなら満点のセリフに飽き飽きした いつかの相鉄線 送ったあと一人で帰った坂の多い道のり 駅前のスーパーでアイスを買って 電車の中で食べながら「次はいつ会えんのか」なんてことをぼんやり考えてた 寂しくなって 会いたくなった 合わなくなったフィーリングは無視して これで良いんだって 思ってた 気付かなかったことと気付けなかったこと 傷ついてようやく気付けば もう年が明けてしまう また年が明けてしまう こんなはずじゃなかったのにね 酔いが回って 冷たい風で直ぐに冷める いや今度は冷めないうちに 書ききるから 書ききったら 書ききれたらさ、電話して良い?

暖かい不快感のクラクションは空に高く響く

コンビニで買ったジュースに あの子が好きなキャラクターが付いてきた時 「どうしようかな」って少し考えて 結局捨ててしまう 例えばそんなこと。クリスマスプレゼントを買うために 少し高いネックレスとか指輪とか 買うために 貯めてたお金で ギターを買う そのギターで曲を作るとか 例えばそんなこと。そんなことが積み重なる そして俺はもっと 格好良くなる 強くなるとそう信じてる。

 

ノーカウントの好意に気付いてエンカウントに差し代わる現実と妄想の同意が歪みでグニャグニャに捻じ曲がってまたいつもの朝になる 飲み過ぎた日の次の日はそんな事を思う 街灯がまだ点く3時半は朝?夜?

これがTwitterの下書きツイートの中に紛れてて こんなのをいつ書いたか なんで書いたのか ろくすっぽ覚えてないけど (多分この前ゲロ吐いたブログの後でベンチに寝っ転がってTwitter見てたのは覚えてて多分その時) なんか結構好きだ。エンカウントは敵との遭遇みたいなencounterからの造語だった希ガス 覚えてない けど。ツイートの下書きが溜まりに溜まってて成仏させてあげたいけど タイミングがない ごめんな。

 

The SALOVERSの「夏の夜」をもう聴いたか。サラバーズ2011年のアルバム「バンドを始めた頃」の六曲目 最後から二番目。

「真夜中に キッチンで プラットオレンジジュースを 飲み干した 僕は悪魔のよう」って歌詞がある。お前らに真夜中のキッチンでプラットオレンジジュースを飲んだ時の気持ちを「悪魔」って表現するだけの若さがあるか?プラットオレンジジュースを飲んだ後の気持ちがわかるか?

古舘佑太郎は凡才だって みんな言うけど 天才だよ 影響力な。何かの間違いで バンドで食ってくなら古舘くんと対バンしたいのは夢。

 

葛藤とか不安とか自家中毒とか そういう若さ故のみたいな 状態異常 そういう若さ故のみたいなフィーリングを忘れたくない 良い曲ができる度にそう思う。

 

頑張れって言われる度にお前が頑張れよって思う。